ホーム>塗り替えの時期って?

塗り替えの時期って?

塗り替えのタイミングについて

なぜ住宅の塗り替えが必要なのでしょうか?

塗装の目的はお客様の大事なお住まいを守ること、そして美観の維持。建物は365日24時間、雨や風、紫外線などの様々な自然の外的要因にさらされています。建物の外装材のほぼすべてが基材の上に塗装が施されていますので、時が経つにつれ塗装面が劣化し、そのまま放置しておくと塗装がヒビ割れた所から雨水が浸水し建物の下地を腐らせて建物の寿命を縮めてしまいます。なので、お住まいを守っていくためには、塗装の寿命に応じて屋根材や外壁材の塗り替えが必要となってくるのです。
最近では塗るだけで断熱効果を発揮して夏場の室内温度を下げてくれる省エネ効果の高いものや、建物のが隣接していて湿気がたまりやすい建物には防カビ効果の高いもの、汚れが付きにくく、付いた汚れも雨水で流してくれるセルフクリーニングで外壁をきれいにしてくれるものなどがあります。そしてまた新築の時のような輝きを取り戻すのも塗り替えの目的です。

外壁にこんな症状が出てきたら塗り替えのタイミングです

塗替えのタイミング

前回に塗った塗料の素材によっても変わってきますが、新築の場合は約10年ぐらいと言われています。周辺環境などによっても塗り替えのタイミングは変わってきます。塗り替えの適切なタイミングを見極めるには、屋根や外壁の状況を実際にチェックするのが基本です。

チョーキング(雨戸、濡れ緑、雨樋などに発生

チョーキング

触れた時に、白い粉が付くのは塗膜が劣化が始まっています。
防水性が無くなりかけてるサインです。

その他

  • ペンキがはげてきた。
  • 色あせてきた。

カビ、藻(スレート瓦・トタン屋根などに発生)

はがれ

日当たりや風通しの悪い北面などに発生しやすいのが、コケやカビ・藻です。
このまま放置しておくと、塗膜はもちろん下地まで劣化させる原因になります。

その他

  • さびが出てきた

ひびわれ(モルタル・サイディング壁などに発生)

壁

雨などでヒビ割れから建物への浸水し雨漏りの原因になります。
そのまま放っておくと、建物の構造自体に深刻なダメージが及んでいきます。

その他

  • サイディングがそっている

 ふくれ、はがれ(鉄部などに発生)

塗膜に剥がれが見られるなら、外壁は「重症」だとお考えください。

その他

ペンキがはげてきた

ページ上部へ

閉じる

お問い合わせはお気軽にどうぞ!「ホームページを見た」とお伝えください。フリーダイヤル:0120-924-375